FX自動売買は少額から可能か?

みなさん、こんにちは!
有村です!
FXの自動売買未経験者の方の場合、いきなり高額な証拠金を入金するのは不安ですよね?
実際、FX自動売買を始める上で、証拠金は最低限いくら必要なのでしょうか?
この記事では、少額からできるFX自動売買について詳しく解説致します!

  • FX自動売買は少額でも可能?
  • FX自動売買を少額でするメリット
  • FX自動売買を少額でするデメリット
  • 少額でのFX自動売買は稼げない
  • 少額でFX自動売買のまとめ

人気記事:FX自動売買の評判口コミ比較7選!本当に稼げる自動売買とは?

FX自動売買は少額でも可能?

FX自動売買は少額でも可能?

結論から申し上げますと、少額からFX自動売買をすることは可能です。

「ある程度まとまった資金が無いとFX自動売買は始められない」と勘違いされる方は多いですが、実際はそのようなことはありません。

FX自動売買に最低限必要な資金(最低証拠金)ですが、これはFX会社により異なります。

FX会社が定める通貨単位ですが、主に次の3つが主流となります。

  1. 1通貨
  2. 1000通貨
  3. 10000通貨

この中でも現在は、1000通貨がFX会社の中でも最安値とされています。

つまり、最低証拠金において最安値は、1000通貨=4000円です。

つまりは、FX自動売買自体は、4000円から始めることが可能です。

関連記事

みなさん、こんにちは!有村です。 この記事ではFX自動売買はいくらから始められるのか? ということについて以下のポイントで解説いたします。 自動売買は最低でいくらから始められる? 自動売買を少額資金で行うメリットは? […]

FX自動売買を少額でするメリット

FX自動売買を少額でするメリット

少額でFX自動売買をすることのメリットについて解説致します。

そのメリットは、次の3つがあげられます。

  1. 損失のリスク回避
  2. 少額で自動売買の検証できる
  3. トレードスタイルに合う自動売買を見つけられる

以下の項目でそれぞれのメリットについて詳細を解説致します。

損失のリスク回避

少額でFX自動売買を行う最大のメリットは、損失のリスク回避ができる点です。

より多くの資金をFX自動売買に投下した場合、リターンは大きいものの、その分リスクも大きくなります。

少額取引の場合、取引量が少なくなる為、その分リスクは小さくなります。

資金1万円の場合と、資金10万円の場合を例に損失のリスクについて以下具体例をご覧ください。

資金1万円の場合

10000円で100USDを購入したとします。
USD/JPYのレートが5円下がりました。
95円×100USD=9500円
証拠金1万円での損失は500円です。

資金10万円の場合

同様に、100000円で1000USDを購入したとします。
USD/JPYのレートが5円下がった状況も同じです。
95円×1000USD=95000円
証拠金100000円での損失は、5000円です。

ご覧頂いた通り、資金が10倍の場合、損失も10倍になるのです。

資金の増減と比例して、損失も増減していることが確認できたかと思います。

このように、少額でFX自動売買をすることで、損失が出た場合でも、その損失を抑えることが可能です。

少額で自動売買の検証ができる

「そのFX自動売買ソフトが本当に稼げるものなのか?」と言った事を少額で検証できることもメリットの1つです。

多くの自動売買では、バックテスト(過去の取引データ)が公開されており、どのような実績のある自動売買ソフトかを確認することは可能です。

しかし、バックテストは、あくまでも過去データの話です。

バックテストはある程度の参考にはなりますが、その自動売買が、現状の相場に対応できるかはまた別の話となります。

中にはフォワードテスト(実際に運用した結果)も公開されている自動売買ソフトはありますが、公開されていない場合は、自身で検証する必要があります。

その際、少額で始められる自動売買ソフトであれば、より少ない資金で、「本当に稼ぐことのできる自動売買か否か?」をテストすることが可能です。

トレードスタイルに合う自動売買を見つけられる

トレードスタイルというのは、人それぞれ異なります。

通貨ペア等、自動売買によっては縛りがある場合も多く、お気に入りのトレードスタイルでできる自動売買を見つける際、少額でできる自動売買の場合だと、色々なパターンを試すことが出来ます。

そして、数を重ねるごとに自身のトレードスタイルに最も合う自動売買ソフトを見つけられることでしょう。

FX自動売買を少額でするデメリット

FX自動売買を少額でするデメリット

少額でFX自動売買をすることのメリットについて解説致します。

そのデメリットは、次の3つがあげられます。

  1. 利益がほとんど上がらない
  2. 手数料の負担が割高になる
  3. ロスカットされやすい

利益がほとんど上がらない

FX自動売買を少額でする最大のデメリットは、ほとんど利益が上がらないことです。

資金が少なければ少ないほどリターンも少なくなります。

仮にレバレッジを聞かせた取引でも、取引量はほとんど上がらず、利益を上げるのが難しいです。

資金1万円の場合と、資金10万円の場合を例にどの程度の利幅に差が出るのか以下具体例をご覧ください。

資金1万円の場合

10000円の運用でUSD/JPYのレートが5円上がりました。
105円×100USD=10500円
資金1万円での利益は、500円です。

資金10万円の場合

100000円の運用でUSD/JPYのレートが5円上がりました。
105円×10000USD=105000円
資金100000円での利益は、5000円です。

このように、取引量が10倍に比例して、利益も10倍となります。

上記の場合において、1万円の資金で10万円の資金と同じ利益を獲得する為には、利確幅を5円から50円に上げる必要があります。

しかし、USD/JPYで50円分の利確は現実的に不可能です。

利確幅が広がり過ぎると利確が難しくなります。

手数料の負担が割高になる

FX自動売買を少額ですると、手数料の負担が割高になる場合があります。

FX会社次第では、通常のスプレッドに加えて、取引毎に取引手数料がかかる場合があります。

つまり、FX会社次第では、トータルの取引手数料が割高になってしまいます、

10万円を一度に取引する場合の手数料は取引手数料1回分で済みますが、1万円で10回取引した場合、1回分の取引手数料10回分がかかってしまいます。

同じ手数料を払うならば、まとめてお金を出した方がお得という事です。

ロスカットされやすい

実際に最低証拠金となる4000円でFX自動売買をした場合、ロスカットされやすくなります。

少額の場合、ポジションを取っている間の証拠金維持率が下がってしまい、多くのFX会社ではロスカットされてしまいます。

少しの為替変動でも実効レバレッジ(有効証拠金に対する必要証拠金の割合=現在のポジションにおいて、レバレッジに対する取引量を表す指標)は、高くなってしまうので、ロスカットされやすくなります。

ロスカットされず、安定的にFX自動売買をする場合、10万円程度の証拠金は用意することをおすすめします。

FX自動売買は少額だと稼げない

FX自動売買は少額だと稼げない

上述したように、少額でFX自動売買を行っても稼げません。

その為、利益目的でやるのであれば、少額での自動売買はおすすめできません。

かといって、いきなり、100万円等の高額な証拠金でのトレードもリスクが大きい為、資金調整をする等、ある程度は、損失に対するリスクヘッジを行った状態でのトレードをする必要があります。

ロスカットされず、且つある程度の利益を上げたいのであれば、10万円程度の証拠金がおすすめです。

少額でFX自動売買のまとめ

少額でFX自動売買のまとめ

いかがでしたか?

今回は、少額でFX自動売買をすることについて以下のポイントで解説致しました。

  • FX自動売買は少額でも可能?
  • FX自動売買を少額でするメリット
  • FX自動売買を少額でするデメリット
  • 少額でのFX自動売買は稼げない
  • 少額でFX自動売買のまとめ

更に詳しいFXの情報が気になる方は以下の僕の無料ライン@サービスをご利用ください。

安定して稼げる本物の自動売買情報やFXの最新情報を責任を持ってお届け中です。

また、質問も受付ておりますのでこの機会にぜひご登録ください。

1. 以下QRコード、もしくは「LINE@で特別な情報を受け取る」からLINE@に友達追加
2. 折り返しメッセージで特典をゲット!

※PCから閲覧されている方は、以下の手順で友達追加お願い致します。

1. LINEの「友達追加」より「QRコード」を選択。
2. 「QRコードリーダー」より下記画像を読み込んでください。

「有村翔太」のLINE@

有村fx

LINE@で特別な情報を受け取る