FX自動売買のロット(Lot)とは?計算方法と適切なロット数を解説

みなさん、こんにちは!有村です。
この記事では、FX自動売買の「ロット(Lot)数」について、初心者の方にも分かりやすく解説します!
FX自動売買はトレードが自動である以上、自身で行うのがこのロット設定ですが、適切な設定をしないと退場リスクが高まる可能性もあります。
以下の順番で解説しますので、是非最後までご覧ください。

  1. FX自動売買におけるロットとは
  2. 1ロットあたりの通貨量はFX会社によって異なる
  3. FX自動売買の1ロットは実際いくらなのか
  4. FX自動売買において1ロットの変動はいくらの損益になるのか
  5. FX自動売買を運用する際のロット数の決め方
  6. まとめ

また、おすすめのFX自動売買システムを知りたいという方は、以下の記事で数々のFX自動売買のEAの中からガチで稼げるものを抜粋してランキング形式で発表しています!

本物の自動売買(EA)の情報を手にいれたい方は、是非このランキングをご覧ください。

関連記事

この記事では、様々なFX自動売買のEAを利用してきた僕がガチで稼げるおすすめのEAを抜粋してランキング形式でご紹介します。 特に以下のような人には、この記事は超必見の内容です。 「完全放置で資産を形成したい」 […]

FX自動売買におけるロットとは

FX自動売買におけるロット(Lot)とは、FX取引を行う際の取引単位のことを言います。

ロット(Lot)は直訳すると「ひと口」という意味です。

FX自動売買では、ある程度まとまった数量の通貨を1ロット、2ロットといった単位で取引します。

わざわざ「ロット」という単位を使う理由は、注文時のミスを減らして分かりやすくするためです。

例えば1万通貨単位で取引を行う場合、注文時に「10,000」と入力する必要があり、桁数が多くなるとミスが出る可能性があります。

しかし1ロット=1万通貨単位の場合、「1ロット」と入力すればいいのでミスを防ぐことができ、無駄に0を入力する手間も省けるというメリットがあります。

1ロットあたりの通貨量はFX会社によって異なる

FX自動売買における1Lotあたりの通貨量は、各FX会社や通貨ペアによって異なります。

例えば国内FX会社の場合、ドル円は「1ロット=1万通貨単位」で設定されていることが多く、海外FX会社の場合は「1ロット=10万通貨」で設定されているところもあります。

海外FX会社のTradeviewでも、1ロット当たりの通貨量は10万通貨に設定されています。

そして同じ国内FX会社でも、南アフリカランドやメキシコペソなどのマイナー通貨になると「1ロット=10万通貨単位」で設定されている場合が多いです。

FX自動売買を始める際は、利用するFX会社のLotの単位を必ずチェックするようにしましょう。

では、1ロットは実際はいくらになるのかを、次の項目で解説します。

FX自動売買の1ロットは実際いくらなのか

FX自動売買において1ロットがいくらになるかは、その時点での為替レートとレバレッジによって異なります。

FX自動売買に必要な資金は、以下の金額で求められます。

必要証拠金=為替レート×Lot÷レバレッジ

例えば、1ロット=1万通貨と設定されているFX会社で、ドル円の取引を行うとします。

1ドル=100円の時に1万通貨(1万ドル)を買う場合、100万円の資金が必要となります。

レバレッジ25倍で買う場合、1ロットを購入するのに必要な資金は、100万円÷25倍=4万円となります。

同じ資金でも、レバレッジを上げるとロット数を増やすことができ、レバレッジを下げるとロット数を減らすことになります。

FX自動売買はトレードが自動である以上、自身で設定するのはこのロット数くらいなので、適切な数値を決める必要があります。

FX自動売買において1ロットの変動はいくらの損益になるのか

では、具体的にどのようにロット数を決めるといいのでしょうか。

ロット数の決め方を解説する前に、為替レートが変動した場合のロット数別の損益について見ていきましょう。

例えば1ロット= 1万通貨のFX会社で、1ドル=100円の時にドル円を取引するとします。

為替レートが変動した場合の損益は以下のようになります。

1pipsの変動 10pipsの変動 100pipsの変動
1ロット 100円 1,000円 1万円
10ロット 1,000円 1万円 10万円
100ロット 1万円 10万円 100万円

上記の表でもお分かりのように、ロットを上げるほど高い収益が期待できますが、その分損失のリスクも高くなります。

FX自動売買において、運用額に見合わないロット数を設定するとロスカットされやすくなりますので、リスクを抑えたい方は取引ロット数を少なめに設定しましょう。

FX自動売買を運用する際のロット数の決め方

FX自動売買を運用する際のロット数の決め方について解説致します。

先ほどの計算式を思い出してください。

必要証拠金=為替レート×Lot÷レバレッジ

まず用意できる資金とレバレッジ倍率を決めることで、ロット数が大方決まってきます。

少額でFX自動売買を始めたい人は、FX会社の最小ロット数(最低取引金額)に注目しましょう。

例えば海外FX会社のTradeviewでは、口座タイプにもよりますが0.01ロットから始めることができます。

Tradeviewのロット数設定例は次の通りです。

・1ロット=10万通貨
・0.1ロット=1万通貨
・0.01ロット=1000通貨

初めてFX自動売買を運用する人や、15万円前後の少額資金で運用する人は、まず0.01ロットから取引しましょう。

用意できる証拠金に応じてロット数を引き上げるのがおすすめです。

FX自動売買で重要なのはロット数とシステム選び

今回は、FX自動売買におけるロット(Lot)について解説しました。

適切なロット数を設定していないと、負けた場合大きな損失を生むことにもなりかねませんので、資金に見合ったロット数で運用しましょう。

しかしFX自動売買で利益を出せるかどうかはロット数だけでなく、システム選びにもかかっています。

以下の記事では、勝てる本物のFX自動売買システムの口コミ評判についてまとめております。

関連記事

この記事ではFX自動売買の評判や口コミについてご紹介いたします。 代表的なシステムからあまり知られてはいないけど実は超優秀!というシステムまで、厳選した12つのFX自動売買の口コミを比較した記事内容となっています。 「FX自動売買を始め[…]

こちらで紹介している自動売買システムはロット数の設定まで網羅しているため、初心者の方にもおすすめです。

是非一度ご参照ください。

FXや自動売買システムに関する最新情報を随時配信中!

FXや自動売買システムに関する最新情報を随時配信中!

当ブログでは、FX自動売買に関する最新情報を随時配信しています。

  • FX自動売買をこれから始めたい方
  • すでに始めているけど勝てなくてお悩みの方

そんな方にFX自動売買で稼いでいただくため、僕が責任を持って本物の情報を選定してお届けします。

最新の記事一覧は、以下のボタンよりお進みください。

FX自動売買とは?仕組みや基礎知識を初心者向けに分かりやすく解説まとめ

まとめ

今回はFX自動売買の重要事項「ロット数」について、次の順番で解説致しました。

  1. FX自動売買におけるロットとは
  2. 1ロットあたりの通貨量はFX会社によって異なる
  3. FX自動売買の1ロットは実際いくらなのか
  4. FX自動売買において1ロットの変動はいくらの損益になるのか
  5. FX自動売買を運用する際のロット数の決め方
  6. まとめ
関連記事

みなさん、こんにちは!有村です。 この記事では、FX自動売買は海外業者でやるべきか、国内業者でやるべきかということについて解説します。 この記事を読むことで、FX自動売買は海外or国内どちらが稼ぎやすいのか? また、そ[…]