FX自動売買は海外業者と国内業者どちらを利用すべきか

みなさん、こんにちは!有村です。

この記事では、FX自動売買海外業者でやるべきか、国内業者でやるべきかということについて解説します。

この記事を読むことで、FX自動売買は海外or国内どちらが稼ぎやすいのか?
また、その理由は?ということが分かります。

知らないと損をする内容ですので、これからFX自動売買を始める人は是非ご覧ください。

  1. FX自動売買は国内、海外どちらでやるべき?
  2. その具体的な理由は?
  3. 例外はあるの?
  4. まとめ
おすすめ記事

この記事では様々なFX自動売買のEAを利用してきた僕が、ガチで稼げるおすすめのEAを抜粋してランキングを作成しました。 特に以下のような人には、この記事は超必見の内容です。 「完全放置で資産を形成したい」 […]

FX自動売買は海外業者と国内業者どちらを利用すべきか

結論から申し上げると、FX自動売買は海外のFX口座で運用するのがおすすめです。

理由を超シンプルに説明すると、国内FX業者では利益を出すのは難しいからです。

全ての人が利益を出せないというわけではないのですが、多くの人は不可能でしょう。

では、なぜ国内業者では利益を出すことができないのか?

それに比べて海外業者の方がなぜおすすめなのか?ということについて、具体的な理由を以下から解説していきます。

FX自動売買は国内よりも海外業者で運用した方がいい理由

FX自動売買は海外業者で利用した方がいい理由

こちらの章では、国内業者よりも海外業者でFX自動売買を運用した方がいい理由について解説します。

理由①国内業者のレバレッジが最大25倍なのに対し、海外業者は1000倍以上も可能

FX自動売買は国内よりも海外業者で運用した方がいい理由①は、最大レバレッジの制限です。

海外FXと国内FXでは、かけられるレバレッジに圧倒的な差があります。

例えば、国内証券会社の最大レバレッジが25倍であるのに対して、海外業者では1000倍や3000倍の場合もあります。

有名な海外FX会社だと、XMが888倍、GEMFOREXが1000倍となっており、これだけでも国内よりも稼ぎやすいのは理解できると思います。

しかし、その代わりに国内よりも海外FX業者の方がスプレッドが広いのですが、はっきりいってこれだけレバレッジに差があると、全く気にならないくらいの優位性があると言えます。

関連記事

この記事ではFX自動売買の評判や口コミについてご紹介いたします。 代表的なシステムからあまり知られてはいないけど実は超優秀!というシステムまで、厳選した9つのFX自動売買の口コミを比較した記事内容となっています。「FX自動売買を始めたいけ[…]

理由②海外業者のほとんどがゼロカットシステムを採用しており、追証がない

FX自動売買は国内よりも海外業者で運用した方がいい理由②は追証がないからです。

追証について簡単に説明すると、証拠金が損失によってマイナスになった場合、FX会社から証拠金の追加入金を求められることを指します。

FX自動売買では、経済指標発表などで一瞬でレートが変動した場合、ロスカットが間に合わずに証拠金以上の損失を出す可能性があります。

国内業者の場合、マイナス分は借金ということになり、追証というルールによりトレーダーが支払う必要があります。

しかし、海外業者にはほとんど追証はなく、多くの業者で「ゼロカットシステム」が採用されています。

ゼロカットシステムとは、マイナス分をFX業者が補填して、口座残高をゼロにしてくれる仕組みです。

レバレッジ制限もゆるくて追証もないとなれば、それこそ国内のFX業者を利用するメリットは全くないのではないでしょうか。

国内業者は投資家の保護の名目でハイレバレッジを規制したにも関わらず、追証はあるというトレーダーにとっては踏んだり蹴ったりの状態であることがわかります。

理由③国内FXは海外FXと違い、トレーダーが負けるほどFX業者が儲かる仕組みになっている

なぜ海外業者では、ハイレバレッジも可能で追証もないのかというと、参入するトレーダーを増やしたいからです。

海外FXでは、トレーダーが取引をすればするほど、FX業者が儲かる仕組みになっています。

一方、国内FXの場合、トレーダーが負ければ負けるほど、FX業者が儲かる仕組みになっています。

この違いは、業者の注文執行方式によるものです。

国内FXはDD方式(ディーリングディスク)という注文執行方式を採用しており、トレーダーの注文はインターバンク市場の金融機関へ流れず、FX業者内で処理されます。

DD方式の場合、FX業者とユーザーの利益は相反します。

一方、海外FXはNDD方式(ノンディーリングディスク)という注文執行方式により、FX会社のディーラーを介さず、トレーダーの注文はインターバンク市場に直接流されます。

NDD方式を採用する海外FXでは、トレーダーの勝ち負けには関係なく、トレードに対する「スプレッド(手数料)」が収入減になります。

ボーナスキャンペーンなどの内容が手厚いのも、トレーダーが取引量を増やすよう、儲けるための取引環境を提供しているのです。

理由④海外FXの方が国内FXよりも取引の透明性が高い

海外FXでよく採用されているNDD方式は、取引の透明性が高いと言う特徴があります。

NDD方式はトレーダーの注文がインターバンク市場に直接流されるため、FX業者のディーラーが取引に関与することができません。

そのため、顧客不利のスリッページや故意のレート変更など、FX業者の裁量が加わることがありません。

多くの投資家にとって安心な透明性の高い仕組みとなっており、国内FXよりも稼ぎやすい状態がそろっているのです。

理由⑤完全なFX自動売買は海外業者でないとできない

FX自動売買は海外業者で運用した方がいい理由⑤は完全自動の取引は海外業者でないとできないからです。

国内のFX自動売買は、証券会社が提供している取引ツールを使う場合が多く、その際に値幅を決めたり、ポートフォリオを組んだりとやることが意外とあります。

裁量も少し必要で、知識に乏しいFX初心者の方が利益を出すことは難しくなります。

それに比べて海外業者のFX自動売買は、「MT4」というチャート分析ツールにEAをインストールして放置するだけです。

時間的な拘束はなく、お金も稼ぎやすい、知識もほぼいらないとなれば海外業者を利用しない理由はないでしょう。

なお、以下の記事ではおすすめのFX自動売買を厳選し、口コミをまとめておりますので、比較してみてください。

この記事を読んだあなたにおすすめ

この記事ではFX自動売買の評判や口コミについてご紹介いたします。 代表的なシステムからあまり知られてはいないけど実は超優秀!というシステムまで、厳選した9つのFX自動売買の口コミを比較した記事内容となっています。「FX自動売買を始めたいけ[…]

しかし、実は海外業者よりも国内業者を利用した方がよい場合もあります。

それは、どんな場合か?ということを以下で解説します。

実は海外業者よりも国内業者でFX自動売買を利用した方がよい場合もある

ここまでFX自動売買は国内業者よりも海外業者の方がよい理由を解説してきましたが、実は国内業者を利用した方がよい場合もあります。

それは、資金が豊富な場合です。

資金が豊富な場合だと低い利益率でも、そもそも動かすお金が多いのである程度の利益を出すことが可能です。

それでいて、海外FX業者のようなハイレバレッジによる資金が一気に減るリスクは減少するので、資金が豊富なトレーダーにとっては一定の人気があるのです。

●最初の運用資金が100万円以下の人
→ 海外FXがおすすめ
●運用資金が100万円以上の人
→ 国内を検討してみる

と言うような選び方がおすすめです。

FXや自動売買システムに関する最新情報を随時配信中!

FXや自動売買システムに関する最新情報を随時配信中!

当ブログでは、FX自動売買に関する最新情報を随時配信しています。

  • FX自動売買をこれから始めたい方
  • すでに始めているけど勝てなくてお悩みの方

そんな方にFX自動売買で稼いでいただくため、僕が責任を持って本物の情報を選定してお届けします。

最新の記事一覧は、以下のボタンよりお進みください。

FX自動売買は海外業者と国内業者どちらを利用すべきか?まとめ

FX自動売買は海外業者と国内業者どちらを利用すべきか?まとめ

いかがでしたか。

今回はFX自動売買は海外業者と国内業者どちらを利用すべきか?ということについて以下の順で解説しました。

  1. FX自動売買は国内業者でやるべきか、海外業者でやるべきか?⇨海外
  2. FX自動売買は海外業者でやった方がいい理由①レバレッジ制限がない
  3. FX自動売買は海外業者でやった方がいい理由②追証がない
  4. FX自動売買は海外業者でやった方がいい理由③国内は完全自動じゃない
  5. 国内業者を使用した方がいい人もいる⇨ただし資金が豊富な人のみ

この記事がみなさまのFX取引のお手伝いを出来ていれば幸いです。

この記事を読んだ方には、以下の記事もおすすめです。

関連記事

こんにちは!有村です。 この記事ではFXの自動売買で大損しない為に絶対に知っておかなければならない注意点3つとそれぞれの解決策を解説します。 大損するFX自動売買システムには共通点があり、それを理解することで大損するリスクをさげることが[…]