FX自動売買が国内の証券会社に禁止される理由

こんにちは!有村です。
この記事ではなぜ国内の多くの証券会社ではFX自動売買禁止されているのか?
ということについて記事を書きました。
この記事の概要とポイントは以下です。

  • なぜ国内の多くの証券会社でFX自動売買が禁止されているのか?
  • なぜ海外の証券会社は自動売買OKなのか?
  • 海外の証券会社でも自動売買が急に制限されることがある
  • なぜ海外の証券会社でも急に制限されるのか?事例紹介

FX自動売買が国内の証券会社に禁止される理由

FX自動売買が国内の証券会社に禁止される理由

この項では早速、なぜ多くの日本国内の証券会社ではFX自動売買が禁止されるのか理由を解説していきます。

FX自動売買が国内で禁止される理由①サーバーの問題

国内の証券会社でFX自動売買が禁止されている理由の1つ目はサーバーの負担の問題です。

FXの自動売買はサーバーへの負担が大きいため、手動で取引している一般的な裁量トレーダーにスリッページ(滑り)などの悪影響が出てしまうのです。

この背景として、国内証券会社は売買手数料を低くすることで一般的なトレーダーが参入しやすい環境をつくっています。

このようなコスト面のバランスを取るためにサーバー管理にかける金額は抑えていることもFXの自動売買が規制される原因の一つです。

FX自動売買が国内で禁止される理由②金融商品取引法のグレーゾーン

国内の証券会社でFX自動売買が禁止されている理由の2つ目は金融商品取引法のグレーゾーンだからです。

日本の法律に金融商品取引法というものがあるのはご存じでしょうか?

多くの人がこの概要を知らないと思いますので、簡単に説明すると、投資の助言や代理を行う場合は金融庁や財務局の認可を受けてないといけないというものです。

一見して、自動売買とは無関係のように思えますが、自動売買システムを売ったり、貸したりすることが、この「助言や代理に当たる可能性があるのでは?」という意見も存在します。

しかし、あくまでもシステムという扱いであるため助言などはしていないという意見も存在しており非常にグレーなラインなのです。

したがって、国内の法律に則って、日本の証券会社は危険性のある自動売買に手を出すことを嫌うのです。

「でも、証券会社は自動売買システムを販売しているわけではないから関係ないんじゃないの?」

と思った方のために補足しておくと、自動売買システムを使用する場合、基本的には証券会社に承認された口座でしか使用できません。

つまり、自動売買システムを使用する場合、証券会社の許可が必要なわけです。

この点でシステムの制作販売元と証券会社は繋がりがあるので、証券会社にも危険が及ぶということです。

なぜ海外の証券会社はFX自動売買がOKなのか?

なぜ海外の証券会社はFX自動売買がOKなのか?

なぜ海外の証券会社はFX自動売買がOKなのかというと、投資の関心が海外の方が日本よりも高いからです。

特に欧米では自動売買に対する熱が高いです。

アメリカやイギリスなどでは子供の時からすでに株やお金の義務教育を積極的に行なっています。

この点で、いち早く自動売買にも関心を持つ人が多く、資産運用という形で海外の証券会社もこれに対応しているのです。

しかし、一点、注意点もあります。

それは、海外の証券会社でも急に取引制限が発生したり、事実上の禁止となることがあるということです。

投資に対して、寛大な精神を持つ海外証券会社がなぜこんな規制をするのか?

この問題について以下で解説します。

海外のFX証券会社でも自動売買が急に制限されることがある

海外のFX証券会社でも自動売買が急に制限されることがある

海外では、自動売買は基本的に容認されているが急に規制を受けることがある、と上の項目で説明しました。

正確には、自動売買そのものが規制を受けるのではなく、そのシステムが規制を受けます。

自動売買取引は通常通り行えるが、その証券会社内で使えるAという特定の自動売買システムを使用しているトレーダーが制限をうける、というのが一般的です。

ここで敢えて”制限”という言葉を使いましたが、多くの場合システムがいきなり禁止になることはありません。

多くの場合、Aというシステムを使用しているトレーダーに対して制限を設けられます。

代表的な例を出すと、レバレッジの制限です。

ですので、即禁止というわけではありません。

しかし、Aというシステムがもしも、レバレッジありきのロジックを採用していた場合それはほとんど禁止されたも同然です。

このように制限と言いつつも禁止と同義であるという場合も多いのです。

では、なぜこのように急に制限や事実上の禁止が起こるのか?

その理由を紹介したのち、具体的な事例をご紹介します。

なぜ海外の証券会社でも自動売買が急に制限を受けるのか?具体的な事例を紹介

なぜ海外の証券会社でも自動売買が急に制限を受けるのか?

結論から言えば、稼ぎすぎの場合が多いです。

手放しで、自動で稼ぎすぎる自動売買システムは珍しいのですが、事実として存在しています。

そして、稀に一般ユーザーの元に届きます。

基本的に証券会社は手数料で儲けているため、トレーダーが少しくらい稼ぎつづけても問題ないです。

しかし、レバレッジがうまく機能しすぎていたり、そもそも、その自動売買システムの使用人数が多かったりすると証券会社にとって損失が大きくなってしまうことがあります。

これを嫌がって多くの場合、使用人数が多くて、稼ぎすぎるシステムは制限を受けてしまうのです。

では、実際にそうなってしまったシステムはあるの?

という疑問をお持ちの方に具体的な事例を以下で紹介します。

実際に稼ぎすぎて制限を受けた自動売買システムを紹介

アンビションシステム

稼ぎすぎて制限を受けたFX自動売買システムとして記憶に新しいのは、とある投資系youtuberが2019年夏頃に販売した「アンビションシステム」です。

アンビションシステムを簡単に説明すると

・販売価格10万円
・ナンピンで損失を軽減するロジックを採用

これだけ聞くと稼げるのかどうか怪しいのですが、実際に稼ぎすぎて証券会社に制限を受けました。

この時もレバレッジ制限を受けたのですが、これはアンビションシステムにとって事実上の禁止でした。

その後、アンビションシステムは証券会社を変え、使用されていましたが、その証券会社でも稼ぎすぎて制限を受け、現在はまた別の証券会社で使用されています。

具体的な証券会社の流れは以下の通りです。

XM→GEMFOREX→BIGBOSS

現在はBIGBOSSにて安定して利用でき、購入した人は皆かなり稼げているようです。

しかし、残念なことですが、この自動売買システムはもう公式では手に入れることはできません。

FX自動売買が国内の証券会社に禁止される理由まとめ

まとめ

今回はFX自動売買が国内の証券会社に禁止される理由について以下のポイントで解説しました。

  • なぜ国内の多くの証券会社でFX自動売買が禁止されているのか?
  • なぜ海外の証券会社は自動売買OKなのか?
  • 海外の証券会社でも自動売買が急に制限されることがある
  • なぜ海外の証券会社で急に自動売買の制限が起こるのか?具体的な事例紹介

これ以外にもFXで気になることがある方は以下の無料ライン@をご活用ください。

長年FXで利益を出し続けている僕が、FXの最新情報の配信や個別での質問受付を行っています。

是非、お気軽にご登録ください。

1. 以下QRコード、もしくは「LINE@で特別な情報を受け取る」からLINE@に友達追加
2. 折り返しメッセージで特典をゲット!

※PCから閲覧されている方は、以下の手順で友達追加お願い致します。

1. LINEの「友達追加」より「QRコード」を選択。
2. 「QRコードリーダー」より下記画像を読み込んでください。

「有村翔太」のLINE@

有村fx

LINE@で特別な情報を受け取る