FX初心者におすすめの手法!RSIでレンジ相場での勝率が上がる!!

初心者

 

ありむら
ありむら

みなさん、こんにちは!ありです。

今回はFX初心者におすすめの手法をご紹介します。

FX初心者にオススメのインジケーターの1つにRSIがあります。

これを上手く使えば一般に難しいと言われているレンジ相場でのトレードがFX初心者でも可能となります。

相場の多くはレンジ相場なので、RSIを利用したトレードをマスターすればかなりの利益が見込めます。

 

 

今回紹介するRSIは、簡単に説明すると売られ過ぎ、買われ過ぎを示すインジケーターです。

これを利用すればレンジ相場で勝てる見込みが出てきます。もちろん、FX初心者でも十分に可能なので、是非挑戦して下さい。

今回は

  • RSIとは?
  • RSIを利用したトレード
  • まとめ

について説明していきます。
ぜひ最後までご覧ください。

RSIとは?

FX初心者がレンジ相場で戦うためのツールであるRSIについて紹介していきます。

ここでは

  • RSIはどんなインジケーターなのか
  • RSIを使うための下準備

について説明していきます。

RSIはどんなインジケーターなのか

RSIは先に挙げたように売られ過ぎ、買われ過ぎ、を判断するインジケーターです。

数値が70%を超えたら買われ過ぎ、30%を下回ったら売られ過ぎを示します。

ただ、80%と20%で考える人も多いです。これらの方がチャンスが少ないですが、損小利大になりやすいので、FX初心者の方はこちらを選びましょう。

RSIの性質は、レンジ相場にぴったりです。トレンド相場では1方向に動きやすいので、売られ過ぎ、買われ過ぎがわかってもトレンドに逆らった取引にしかなりませんが、レンジ相場なら問題ありません。

FX初心者にはトレンドに乗るトレードが推奨されやすく、それは決して間違ってはいませんが、RSIを使えれば多様な相場でトレードするプランが練れるようになりますし、トレンドに乗るトレードが肌に合わない場合もあるので、選択肢の1つとして有効です。

RSIの取引とは直接関係ない点で嬉しいのは、チャートの下に設定する性質ですこのため、RSIを出してもチャートを邪魔しません。

FX上級者になればそこまで嬉しいポイントではありませんが、FX初心者の場合は、チャートがごちゃついていると非常にストレスを感じます。

読者の方の中には、FX上級者の解説動画を見る時、チャートがごちゃついて見えるという経験がある人もいるでしょう。

メジャーなインジケーターであるボリンジャーバンドを出しておくだけでもかなり見にくくなりますし、水平線を引くと何がなんだかわからなくなりますが、RSIでは心配ありません。

RSIを使うための下準備

RSIを使う前には、RSIの使い方を知っておく必要があるのはもちろん、RSIが使える環境なのかどうかを見極めておく必要があります。

これは、全てのインジケーターで言えることです。エントリーポイントの判断だけに目を奪われがちですが、そもそも有効な場面なのかについて知っておかなければなりません。

FX初心者の方は、これを忘れないでください。

RSIの場合有効な場面はレンジです。従って、今現在レンジ相場なのかどうかを知ることが求められます。

その判断には、一目均衡表というインジケーターを利用するのがオススメです。ローソク足が雲を入ったり抜けたりしていればレンジです。雲の上、もしくは下で反発して1方向に動いていればトレンドと認識することが可能です。

レンジ相場を見つけることができたら、一目均衡表は消しておきましょう。そしてつぎはいよいよRSIを利用したトレードです。

FX初心者でも簡単!RSIを利用した手法でエントリーポイントがわかる!

RSIを利用したトレードは難しくありません。レンジ相場と判断できたらRSIを開きましょう。

そして、レンジの上限で80%を超えたらショート・下限で20%を下回ったらロングでエントリー可能です。

RSIを利用したトレードの良いところは、なんといっても高い勝率が臨めるところです。

画像からもわかるように、紹介した条件を守ってトレードした場合、買っていたであろうポイントがいくつかあることがわかります。

これは、基本的には相場が続きやすいからです。つまり、トレンド相場はずっとトレンドが継続し、レンジ相場はレンジが継続するということです。

レンジが継続するという前提で考えた場合は、常に天井で打って底で買っていることになるので、当然勝率は高いのです。

RSIは優秀! でもレンジブレイクに要注意!

ただ、注意点があるとすれば、いざレンジブレイクしてしまった場合、かなりの痛手となることです。

レンジブレイクしてしまえば抜けた方向に伸びやすく、RSIを利用している場合は、その反対側のポジションを持っています。

従って、早めの損切りを行うことが重要と言えます。FX初心者の場合、なまじ勝てるものですから、「今は負けていてもどうせ勝てる」と根拠のない自信を持ってしまわないように注意しましょう。

根拠のない自信はその時はよくても後々自分の首を絞めることになりかねません。

以下の完全無料のラインサービスでFXのメンタル管理の方法から具体的な手法まで解説中です。

個別質問も受け付けていますので、ぜひこの機会にご登録ください。

また、いまだけ極秘プレゼントもお渡ししています。

こちらは人数制限がございますので、ぜひお早めに! 有村FX

まとめ

いかがでしたか。

今回は

  • RSIとは?
  • RSIを利用したトレード
  • まとめ

について説明してきました。

RSIはFX初心者でも高勝率を出しやすく、チャンスが多いのでとてもオススメです。トレンド相場ではなくレンジ相場でこそ有効な手法ということに注意し、十分に検証を重ねてトレードしてみて下さい。FXは自分で勉強することが最も稼ぐための近道です。

しっかりと知識をつけて、ツール頼みにならないように心がけましょう。

以下の完全無料のメルマガでは現在、

FXを学びたい方限定で極秘ノウハウのプレゼントをしています。

プレゼントには人数制限がございますので是非おはやめに!^ ^