FX初心者が失敗する理由とは!?投資に対して正しい考え方を持とう!

初心者
ありむら
ありむら

みなさん、こんにちは!ありです。

 

いきなりですが、相場の世界は厳しい世界ですよね

 

取引を始めて利益を出せる人はほんの一握りです。

 

一方世界の富裕層の中には、相場で資産を築いたという方も少なくありません。

 

プロトレーダーたちも多額の利益を生み出しています。

 

しかし、見ているチャートは全員同じです。

 

異なっているのは技術と考え方です。

 

相場と向き合い、正しい技術と考え方を身につけなければ相場で利益を出し続けることはできません。

 

今回は、FX初心者が相場で失敗してしまう主な要因を取り上げます。

 

 

相場に初めて取り組む初心者は案外簡単に利益を出すことができます。

しかし、相場で利益を出し続けることは至難の業です。

相場で利益を出し続けることができる人は、全体の1割といわれています。

多くの初心者は、辞めてしまうか退場せざるを得ない状況になってしまいます。

そこで今回は、

  • FX初心者が失敗する考え方
  • FX初心者が失敗する取引方法
  • まとめ

について説明していきます。

FX初心者が失敗する考え方

では、まず「失敗する考え方」について説明していきます。

  • 全ての取引で勝とうとする
  • 相場の天井と底を当てようとする

では、順番に見ていきましょう。

すべての取引で勝とうとする

相場で勝ちたいと思うのは自然なことです。

損をするために取引をするトレーダーはいません。

初心者の方の中には、投資をして資金を増やして、もっと生活に潤いを与えたいと思われている人もいるのではないでしょうか。

一番気を付けるべき考え方の一つ目は「すべての取引で勝とう」という考え方です。

相場が予想と反対の方向に行ってしまうと

「分析は間違っていない、必ず戻ってくるはず」

「ファンダメンタル的にみても、テクニカル的にみても間違いないから保有し続けよう」

と考えてしまう人がいます。

しかし、取引のすべてで勝とうと考えてしまうとなかなか自分の間違いを認めることができません。

相場は時々予想外の動きをすることがあります。

例としては、2016年トランプ大統領の選挙後のドル円の動きです。

トランプ大統領が当選すれば経済への多大な影響が出るとの予測からドル円の円高が予想されていました。

ところが、実際にトランプ大統領が当選するとドル高/円安となり、「トランプラリー」と呼ばれる展開になりました。

もしずっと売りポジションを持っていたら、資金が底を尽きてしまうでしょう。

必ず損切りをしなければいけない場面があります。

適切な分析をしても損切りをしなければいけない場面に遭遇することでしょう。

「すべての取引で勝つ」ことは絶対にできません。

頭に入れておくだけでもリラックスして取引ができるでしょう。

相場の天井と底を当てようとする

「ここで反転するに違いない」
「ここまで急激に下落したらきっと反転するだろう」

日本人トレーダーの多くは、「逆張り派」といわれています。

相場の格言「安く買って高く売る、高く売って安く買う」という言葉を適用して相場の反転を狙おうとしています。

根拠をもって取引をするのであれば問題はありません。

しかし、何の根拠もない「値ごろ感」だけで取引をしてしまうと大変なことになります。

また、トレンドに逆らった取引は初心者向きではありません。

初心者が失敗してしまう原因として、「相場の天井、底を当てようとする」考え方があります。

これは、プロトレーダーでも難しい行為です。

長年の経験から予測できる部分もあります。

相場を始めて間もない初心者トレーダーにはできないと思ったほうが良いでしょう。

この考え方で退場していったトレーダーは数多くいます。

相場に慣れないうちは、天井と底を予測することは辞めましょう。

初心者の方は、「トレンドに乗る」ということを重視するようにしましょう。

FX初心者が失敗する取引方法

では、初心者の方がFXで失敗する原因の取引方法を説明していきます。

  • ナンピンをする
  • 損切りをしない

ナンピンをする

事前に自分が予測した相場の方向とは逆に進んでしまうことがあります。

例えば、自分は価格の上昇を予測しており、買いポジションを建てたにも関わらず、下落してしまった場合です。

初心者の方の中には「ナンピン」をしてしまい失敗してしまったという方々が多くいます。

つまり、もう一回「買いポジションを持つ」ことです。

ナンピンした価格で相場が反転すれば含み損を減らすことができ、うまくいけば利益を倍増することができます。

しかし、相場がそのまま下落を続けてしまうと含み損は加速して膨らんでいきます。

膨らんだ含み損は、予測していた損を超えているので損切りをすることがさらに難しくなります。

結局、「強制ロスカット」になり、資産を大幅に減らしてしまう結果となります。

もちろんトレード計画に沿ってナンピンをする方もいらっしゃいますが、初心者の方がナンピンを計画することはお勧めしません。

損切りをしない

「損をしたら負けだ」
「お金を得るために取引をしているのに自分から損を確定なんてできない」
「最後まで自分を信じて取引をするべきだ」

損切りができないトレーダーは、上記のような考え方をしてしまいがちです。

一般社会では「損切り」という考え方はあまり見受けられません。

”損”と考えるとイメージが悪くなってしまいますので”必要経費”と考えるようにしましょう。

どんなビジネスをする場合でも「必要経費」が掛かります。

お店であれば商品を仕入れなければいけませんし、会社であればパソコンや事務機器などをそろえなければいけません。

では、このことを「損」というでしょうか。

言いませんよね。

FXトレードも同じことです。

損切りはFXトレードをする場合、絶対に必要な「経費」と考えるようにしましょう。
FXは投資ですので必ずリスクが伴います。
一つの取引に固執することなく、全体で利益を獲れることを目標にしましょう。

しかし利益を得ていくためにはしっかりと経験に裏付けされた知識が必要です。

でも、それを勉強していては時間が足りない。そうですよね、普通はお昼働いて、夜にはヘトヘトです。

しかし、その知識が簡単に手に入るサービスがあります。

以下の完全無料のラインサービスでは手法やFX最新情報を配信中です。

今だけプレゼントもご用意しておりますのでお早めに。

いつでも登録解除できますのでお気軽に^ ^

有村FX
LINE@で特別な情報を受け取る

 

まとめ

いかがでしたか。
今回は、

  • FX初心者が失敗する考え方
  • FX初心者が失敗する取引方法

について説明してきました。

FXトレードは決して簡単ではありません。

価格の上か下かを当てるゲームでもありません。

FXトレードはビジネスです。

身に着けるべき技術や考え方はたくさんあります。

しかし、世の中の会社で働く数倍もの利益を得る可能性があります。

しっかり勉強して全体で利益を得ることを目標にしましょう。

そして、勝てる投資家になれるよう努力を続けていきましょう。

以下の完全無料メルマガでFXの手法や最新情報を配信中です。

いまだけプレゼントもお渡ししていますので、ぜひお早めに。