【FX初心者の失敗】よくある事例5選!

初心者
ありむら
ありむら

みなさん、こんにちはアリです!あけおめです!
今回はFX初心者が陥りやすい失敗事例について書きました。

 

これから5つのよくある失敗事例をご紹介します。
自分がこれに複数当てはまるようなら、少しトレードの仕方を見直してみてもいいかもしれませんね。

では早速みていきましょう!

失敗①FXに関する知識がない

FX初心者でよくある失敗の1つ目として、FXに関する知識がないというパターンがあります。

どのようなものかわからずに、いきなり始めてしまうことで、値動きの乱高下に翻弄されてしまい損失が膨らむ、最悪の場合には、借金をするような状況にまで陥ってしまうケースです。

基本的に、知識がない状況で始めるのは、かなりのリスクを伴います。気軽に始めようとしても、最低限の知識というものは必要です。ネット上などで情報収集をしてみることや基本的な知識を得るということで、リスクの軽減につながるため初心者ならば、最初の段階である程度の知識を身に着けてから挑むようにするほうがいいでしょう。

あせって始めてしまうケースや何の勉強もせずに挑んでしまうのは、注意が必要です。特に、この手の取引などに関しては冷静な判断力なども必要不可欠なため、きちんといろいろと学んでから落ち着いた環境、精神状態で始めることが大切なポイントといえるでしょう。

失敗②メンタル面の弱さ

FXの初心者の失敗でよくあるパターンの2つ目は、メンタル面の弱さです。

利益が出ている時は、ある程度冷静でいられることもありますが、損失となると精神的に穏やかな状態を維持するというのは難しいものです。ですが、動揺して状況を冷静に分析できていないと最悪なタイミングで売買をしてしまい、大きな損失をかぶることにもなりかねません。基本的にあせってもいい結果には結びつかないでしょう。

メンタル面というのは、簡単に鍛えられるものではありませんが、冷静に状況を判断できるような精神的な強さを持つということも必要です。一時的な変動などに惑わされないということや損失が出ている状態であっても、売買のタイミングなど冷静に判断できる状況を保つということが大切です。

あせって、いつもしている売買の自分なりのタイミングなどがある場合には、その法則を崩してしまうことで、余計に損失が出てしまうケースもあるため、自身の考えやパターンなどがある場合にはできるだけ崩さないということも重要です。

失敗③損切りに踏み切れない

FX初心者のよくある失敗の3つ目として損切りに踏み切れないという点です。

ちょっとした損失の場合には、たいしたことがないと、気軽に損切りできるケースもありますが、自分が予想していた動きよりもはるかに変動が大きく、予想外の損失などが出ている状態で損切りに踏み切れないというケースもよくあります。

大きく変動するということは、金額的にもかなりの額の変動です。その数字を見てしまうことで実感が持てない、ありえないことだと精神面に動揺が走ることで冷静な判断力が欠如してしまい、タイミングを逃し、さらに大きな損失となってしまうケースがあるため、注意が必要です。

どのような動きであっても、現実として受け止めることや動揺せずに冷静に売買を行うこと、状況によってはどの程度の損失が出たらきちんと損切りをするなど自分なりのルールを決めておくということも必要です。損切りのタイミングを逃さないように、きちんと判断していきましょう。

 

損切りに踏み切れない…正直これは初心者でなくても普通にあり得ますよね。

先日はアップルショック(2019年始)もありましたし、大損した方も多いと思います。

(あれは予測不可ですが。。。)

損切りの大切さはFXを少しでもかじったことがある人なら、だれでもわかっているはずです。

でも、いざってなるとできない、見逃してしまう。
結局負けがこんで利益を得ることができない。このスパイラルに入ってしまうと抜け出すのは大変です。

しかしそんな負の連鎖を断ち切るおすすめの方法があります。
その答えが、僕が以下のラインサービスです。

こちらではFXに真剣に取り組もうと考えている人に向けてオススメの情報を配信しています。
最新情報やノウハウの配信はもちろん、質問も受け付けています。
FXのことで真剣に勝ちたいと考えている方は是非ご登録お願いいたします。
有村FX

失敗④真剣にデモトレードを行わない

FX初心者のよくある失敗の4つ目として、真剣にデモトレードを行わないという点です。

実際にお金をかけていないとなると、ゲーム感覚でデモトレードをしてしまう方が多い傾向もあります。自分のお金がかかっていなければ、確かに気軽に取引きできるというのは理解できますが、真剣に行っていないで仮にうまく利益が出せたとしても、ほとんど意味がありません。

実際に、自分のお金をかけて取引きをする際とは、環境が異なっていることや精神的にもかなりの差が出てくることでしょう。

デモトレードだからといって適当に行うのではなく、自分のお金をかけてやるのと同程度の真剣さが重要です。遊び感覚でやって成功したからといって、現実の取引きが成功するとは限りません。

なんのためのデモトレードなのかという点をよく考えてみることが大切です。真剣に行い、体験をする、経験を積むという意味でもしっかりとした取引きを行うように心がけることが必要といえます。

失敗⑤チャンスの相場で動けない

FXでは「ポジポジ病」に悩まされる方も多い傾向があります。

この「ポジポジ病」とは無駄にポジションを持ちすぎてしまうことを指す言葉ですが、初心者が陥る傾向があります。この状況に陥りやすいタイプとして、慎重さが足りない方や稼ぎたい気持ちが強い方、自信があるというわりに根拠がない方です。

 

取引きなどにおいて、せっかちな方は、あせって売買を行ってしまう傾向があり、これが失敗につながります。また、稼ぎたいから何度も取引を繰り返してしまいそれが損失につながるというパターン、自信に満ち溢れている点から、きちんとした分析もせずに自分の判断のみを信じて取引を繰り返す方などがポジポジ病に陥りやすいといえるでしょう。

 

この手のタイプの方達は、チャンスの相場がきても動けない、うまくチャンスの相場に乗れないというパターンに陥りやすく、大きく利益を出せずに終わる、最終的に損失が膨らんでしまうなどの状況となりがちなため、注意が必要といえるでしょう。

以下のメルマガでは
FXで利益を出し続けるために必要な必見ノウハウを配信しています。
いまポジポジ病で悩んで利益が出せていない方には、特に有益だと思います。
なぜなら、FXで利益を生みだすための手法や勝ち方、メンタルの持ち方などかなり細かく解説しているからです。
ブログには載せるにはあまりに膨大で貴重なので、こちらはメルマガでの配信となっています。
興味がある方は是非ご登録ください。

まとめ

いかかがでしたでしょうか。
今回は、FXで初心者が失敗してしまう事例5選を紹介しました。
当てはまるものがあれば、自分のトレードを見直すのもいいかもしれません。
しかし、なかには大金を手にした人の中にもあえて「損切りしない」います。
つまり、例外もあるということです。

しかし、その方々が用いている手法は確かな経験の元に行われているということを理解しておいてください。
冗談でも中級者までは手を出さないほうが安全でしょう。

 

動画で学習しよう!