【FXメンタル】欲や恐怖に打ち勝ち、稼ぎ続けよう!!

初心者
ありむら
ありむら

みなさん、こんにちは!ありです。
FXは自分の大切な資金で取引を行います。ですから、プレッシャーがかかるのが当然です。今回の記事はトレードにおけるメンタルの重要性についてご紹介しています。

 

FXのメンタルとは?

人間が持つ精神面のことです。反対語はフィジカルで肉体的・物理的を意味します。

人間は生まれてから、様々な経験をしています。そのなかで、多くの失敗があり、また成功も経験しています。しかし、一般的にいえば、成功体験は心に残りづらい性質があり、失敗の体験は強く刻まれます。この失敗の回数が増えることで、メンタルが不安定になったりす人も多くいることでしょう。

これをFXに例えてみましょう。FXの場合、最初から多くのお金を稼げるケースは稀です。

損切りを失敗したり、エントリーのタイミングが遅かったり、負ける回数が増えるたびに、失敗体験が強くなります。これにより投資の判断がぶれてしまうのです。

メンタルを強化することができれば、損切りなども的確に行えるようになり、安定したトレードができるようになります。

トレードとメンタルの関係性

「ブログの書き込みを見て、これは稼げると思い、すぐに投資の方向性を変えた」

「為替のニュースを見て、自分の判断が間違っていると思い、直ちに投資の方向性を変えた」

一見、柔軟な発想のように見えますが、このような人は投資で成功するでしょうか?
答えは、失敗です。
上記のケースのように、他者からの確実性の定かではない情報によって、投資の方向性を変えるのは自分自身に知識・実力が伴っていない証拠です。自分の投資テクニックが確立していれば、他の情報に惑わされないはずです。ですので、まずは投資の知識をしっかりと身につける、そのうえで「この情報が正しいのか、否か」を判断できるようにしましょう。

トレードの時に沸き起こる感情は下記のどちらかです。

・もっとお金がほしいという欲
・お金を失ってしまう恐怖

2つの感情を抑えるための方法も知っておきましょう。

FXのメンタルをコントロールする2つのポイント

人間ですから、出てくる感情を完全にコントロールすることは難しいです。

しかし、出てきた感情をある程度、受け入れることはできます。

トレードの際に出てくる「恐怖」と「欲」に惑わされないように対策をしておくべきです。

①人の意見に惑わされない

FXに限ったことではありませんが、人は勝っている人の意見を参考にしたがるものです。もちろんそれは悪いことではありません、しかし、人の意見やニュースを聞いて何も考えず注文を変更することは避けた方がいいです。それは己のメンタルの弱さを認めているようなものです。

もし、そのときにに勝てたとしても、次に投資を行うとき、参考になる情報が手に入るとは限りません。自分なりの判断を大切にすることが重要です。

 

②:一喜一憂しない

お金を投資しているので、誰でも勝った時は嬉しいし、負けた時は悲しい気持ちになるでしょう。しかし、トレードはその時だけの勝負ではありません。継続的に投資をしてトータルで収支を見ることが大事です。とくに厄介なのが負けた時に引きずることです。

「あの時に損切りをしていれば」

「もっと早く判断できたら、防げたかもしれない」

といった負の感情で頭がいっぱいにならないよう、冷静にトレードをしていきましょう。

Q&Aコーナー

Q:オススメのFXのメンタルトレーニング法はありませんか?

A:まずは知識をつけることをオススメします。

なぜなら知識やテクニックが確立して、勝てていけば、メンタルの強さは自ずとついてくるからです。逆に知識やテクニック確立できておらず、負け続けてしまえば、迷いが生じて判断力が鈍くなります。

ギャンブルで負けている時の思考と同じようなものです。負けを取り戻そうと熱くなってしまい、損切りを怠ったりして、余計に損をしてしまいます。しかし、FXは投資です。知識、テクニック、メンタルを鍛えていけば必ず結果がついてきます。

また、「デモトレード」は、メンタルトレーニングにはならないことも覚えておいてくださいね。

動画で学習!

 

FXにおいてのメンタルをさらに強化!

下記の僕のラインでFXのメンタルのことやその他の最新情報を配信中です。

もちろん無料なので、気軽に聞いてきてくださいね。

有村FX
LINE@で特別な情報を受け取る